読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっぽん小町は生理中効果なし?PMSには効かない?

生理の調子が思わしくないんだけど、そんな時もすっぽん小町は効果的なの?

口コミではすっぽん小町は生理中にも効果的!生理痛軽減!

生理中は肌荒れしたり太りやすいうえに生理痛に悩まされていたとしても、すっぽん小町を飲み始めると体調不良を起こしにくくなります。



口コミでも

「母にプレゼントですがお肌の張りや特に潤いに効果があったとかなり喜んでいました。」

「一週間くらいたちますが、たるたるのお肌に、なんだかもちもち感?!少し変わってきた実感があります」

といった評価が並んでいます。




このブログでは、すっぽん小町は生理中に飲んでも良いのか?飲むとどんな効果が期待できるのか?といった話をまとめています。




■ホルモンバランス改善!

すっぽん小町は生理中でも問題なく飲むことができるし、むしろ、ひどい生理痛を抱えていたり生理不順の場合にこそ、飲んでもらいたいサプリメントです。


コラーゲンサプリメントではあるものの、すっぽんには様々な効果のある栄養がたくさん含まれています。生理の調子を悪くするホルモンバランスだって整えてくれるんです。

 

 



女性の体は、生理1週間ほど前から生理中にかけてプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になります。妊娠するための体作りをする働きがあると言われています。


そのため、脂肪が付きやすくなって太りやすくなるほか、子宮内膜の厚みをキープしたり、体温を高めにするなど、普段とは違った体質になります。

 



プロゲステロン(黄体ホルモン)の働きが適度であれば、目立った体調不良が起きることがないものの、分泌量が過度になると、体調不良をもたらしてしまうわけです。


生理後半かけては今度は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が始まるのですが、このホルモンは女性らしい体を作る働きがあります。

 



髪や爪、肌のつやを良くしてくれたり、余分な脂肪を付きにくくしてくれるんですが、ホルモンの働きというのは、すべてがバランスを取り合っていなければいけません。


特定のホルモンの活動が行き過ぎることで、様々な悪影響が出てしまうものの、すっぽん小町に含まれるDHAやEPAには、ホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。


さらに、鉄分やマグネシウムは、ホルモンバランスと密接なかかわりのある自律神経の働きを整えてくれるので、PMS改善には効果なんです。




■貧血も軽減してくれる!

すっぽんは昔から「造血剤」なんていう異名をとっているほど、血流を増やしてくれる食材として知られています。鉄分を豊富に含んでいるからですね。


さらに、コラーゲンも血液製造にかかわっていきます。コラーゲンには骨を強化する働きがあり、血液が生まれる源は骨だからです。

 



血流が良くなれば、体の隅々まで栄養や酸素を送り届けられるようになるし、体温も上昇します。膝やひざなど、冷えやすい部分も冷えにくくなります。


老廃物の回収力だって改善しますから、細胞レベルで内臓が活発に活動するようになり、ますます生理痛に悩まされにくい体になっていきますよ。



■美容と健康を両立!

すっぽん小町は単なるコラーゲンサプリメントではなく、美容と健康の2つを両立してくれます。


コラーゲンを体の内側から補うことで、肌の調子が良くなるだけじゃなく、関節のうごぎだって滑らかになります。体を楽にスムーズに動かせるようになると、体力の消耗を抑えられます。

 



体力回復に効果的なアルギニンというアミノ酸も豊富に含まれていますから、今までとは違って、朝から活発に活動しても、夜まで体力が続くようになります。


睡眠の質だって良くしてくれるので、一晩寝れば、前日の疲れがすっきりに抜けるようになり、肌に疲れが残ることもなくなりますよ。


生理中にも安心して飲めるし、美容と健康を底上げしてくれるすっぽん小町の効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓




 

 

すっぽん小町の口コミ 糖質制限で効果アップ!

実際にすっぽん小町を飲んでみた人たちの体験談をいくつか紹介します。



今まで飲んだサプリメントの中で1番効果を実感できます。肌はそんなに乾燥を感じなくなりましたし髪はツルツルサラサラです。朝寝起きも良くなって、一日元気に過ごせます。


二粒飲むと吹き出物ができてしまい、毎朝一粒にしています。疲れがひどい時には二粒飲みますが、やはり二粒飲んだ翌日の方が肌や髪の調子がいい


一袋飲み終わりましたが、かなり疲れにくくなりました まだ飲み始めて数日ですがホッペがツルツルになった気がするんですこの冬、まだ風邪をひいてません

 



糖質(炭水化物や甘いもの)はダイエットに良くないというのは一般常識になりつつあります。糖質はエネルギーを生み出すために必要なものですが、余った糖質が脂肪として体に蓄えられてしまうからです。


それだけじゃなく、糖質の取り過ぎは肌にもよくないんです。糖質がコラーゲンと結びつくことで糖化という症状を招き、肌の新陳代謝を妨げたり、肌色を悪くしてしまうんです。

 



糖質はさらにアルギニンと結びつく性質もあります。すると、コラーゲンの精製工場である線維芽細胞の働きを邪魔するようになり、体内でのコラーゲン生成力がますます低下。


年齢に比べて見た目が老けて見える原因となってしまいますから、白米やパスタ、食パン、それに甘いお菓子はあまり食べすぎないように気を付けましょう。




生理中にも安心して飲めるし、美容と健康を底上げしてくれるすっぽん小町の効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓